窮鼠はチーズの夢を見る


歴史に名を刻む
名作中の名作だと思うの。







「窮鼠はチーズの夢を見る」
「俎上の鯉は二度跳ねる」








ハイ、また館長
タイトル読めない事件~~(爆)

ひぃ(爆)




ヾ(T∇T)ノ彡☆



「失恋ショコラティエ」で
近年名を馳せた水城せとなさんが
それより前に飛ばした
渾身のBL作ですが

「名作」とか「泣ける」とかってカテで
必ずとイっていいほど
名が挙げられる作品なので
皆さん表紙やタイトルくらいは
ご存じでは?



08_20140901105921971.jpg



殊更、

BL界では
ヨネダ作品と
何故かワンセットで高評価されることが
多いとイうことで

かくイう私も
気になってたの。

ずっと気になってはいたのだけど...

表紙がどーしても
苦手でねw

「多分、画がムリ」と
ずっと敬遠してた
自分アホか!

うん。

ヨネダさんと
ワンセット高評価
よくワカル。

まさに



15_2014090113001214a.jpg



ヨネダ作品を
読んだときと同じ
衝撃と感慨と
余韻があります。

この

男同士とイう
BL作品でしか味わえない

色や
カタチや
湿度や
匂いが

其処此処に漂い、

その刹那な美しさはなんなのか...

有無をも言わせぬ
説得力とリアリティに
満ち溢れて
いるのです。

これはもう
たまらんちん!

00_20140901103841623.jpg



神様が

本当にいるなら
どうか あの男を
幸せにしてやってください

大切な

たった一人の
俺の男を
どうか

どうか




07_201409011041584c1.jpg



別に、ね

ずっと重く苦しく
storyが展開してイくわけでは
全然なくてね

そうイうところも

ヨネダさんと
作風が非常に
似通っているのだと
思うのだけど

ま、ざっくり



05_20140901104132f3b.jpg



数々の女に
落とされ捨てられ
漂流し続けた挙句、
粘着質な押しかけゲイに
ハメられるハメになった
生涯ノンケでヘテロな男の
とっても可哀相な
半生のお話です
...的な?
@ほぼ本編引用

ひぃ(爆)




ヾ(T∇T)ノ彡☆



16_20140901131058275.jpg



ひとってこんなに
誰かを好きになれるんだ。

とか

躯を繋げるって
こんなにも
尊いことだったんだ。

とか

言葉にすると
ひどくチープなのだけどね

どんなに
長くて深くて重い

愛情も
気持ちも
想いも

持って生まれた
セクシャリティーを
覆すことって

そんな簡単なことじゃないんだ。

って



03_20140901105343b43.jpg



ラストね

ハッピーエンドでも
バッドエンドでも
ないの。

でも

うん、そうだよな、って。

も、ただ

息苦しさを感じるほどに
呼吸が困難になって
たまらない
気持ちになって

    気持ちになるのですが...

納得のEND。

これ以外はきっと
ありえなくて

こんなエンディング
今まで
見たことない。

これほんと

作家の技量と
センスだよね。
圧巻。



12_20140901111904009.jpg



この作品

せとなさんが
当時の担当さんに



「水城さん、引き出し多いでしょ?
チョットいい話とか掻かなくていいから
ハゲしくエロい
ゲイとかSMとか掻いて。」




とか無茶振りされて(爆)

なんとBL誌じゃなく
レディコミで掻かされたとイう
ビックリ逸話の
異色作なのですが

一体...w


その「枷」が

逆にこんな作品を
作り上げたのかも。



10_20140901111616643.jpg



指なのかな

手なのかな

幾度となく出てくる
こうイう画が

すっごく

印象的で

セリフや情景や描写の
ひとつひとつが

いちいち

マジ、

芸術の域です。



「感動」のそのまた上の感動を
味わいたい方は

絶対!

これ読んでみて~











「窮鼠はチーズの夢を見る」
「俎上の鯉は二度跳ねる」の
この2冊で完結です。


ポチっとな。










そしてそれぞれ
ドラマCDも1枚+2枚
出ていまして

さて困った。

このふたり
いわゆるリバってヤツで
シチュによって
攻受交代するので
名前の順に
困るのですがw

主人公の先輩がゆーきゃんで
今ヶ瀬が遊佐です。



ま、

「窮鼠はチーズの夢を見る」と
「俎上の鯉は二度跳ねる 1」は

遊佐浩二×中村悠一

「俎上の鯉は二度跳ねる 2」が
逆ver.で

中村悠一×遊佐浩二

かな?


関連記事

BLR18水城せとな

10 comments

kaopetit  

>「失恋ショコラティエ」で
>近年名を馳せた水城せとなさん

へぇ~そうなんだ。

>「感動」のそのまた上の感動を
>味わいたい方は
>絶対!
>これ読んでみて~

うん。
これは
今週末読もう。

↑やっぱポチ済@未読
ヾ(T∇T)ノ彡☆

館長が私の未読を紹介してくれると
未読消化出来る…(笑)

ゆーきゃんに遊佐兄
おおぉ~!

そして
ちょっとは真面目な話…w

色々な作品を読んでいくと
最終的には
人間愛に行き着くよね。

ここで紹介してもらって
ホント色んな感性が身に付きました。
えろいのだけじゃないよー!w
日々感謝です。

自分が選んだ作品が
別の角度からレビューされて
また違った視点で読んで…
一粒で二度オイシイw

こーんな作品に出逢ってしまうから
ポチ止められないぃ~

2014/09/01 (Mon) 20:50 | EDIT | REPLY |   

彩香  

サンプルでもうポチろうと決めてたけど

>こんなエンディング
>今まで
>見たことない。
コレで決定ですww

>「感動」のそのまた上の感動を
>味わいたい方は
はい!(^_^)/

>遊佐浩二×中村悠一
>中村悠一×遊佐浩二
きゃああああ~~❤ やばやば(爆)

BLって♂♀より
底深いですよね。
どこか「罪」を背負っているみたいな・・・
突き抜け明るいBL作品でも
何となくそんな感じちゃうんで ←勝手にw
止められないっす(爆)

2014/09/02 (Tue) 01:27 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>ぺっち

ウチで未紹介のもので
ポチ済なのに読んでないものの
そもそもポチに至るぺっちの衝動元が
最近気になる木~~! ←確かに(爆)

ヾ(T∇T)ノ彡☆

とりあえず持ってるなら
今読んですぐ読んで!w

2014/09/03 (Wed) 17:14 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>彩香さん

ま、攻も受も突いてるモン突いてるのでw
どっちがどっちヤってもいいのだろうけど
以外と手元にリバは少ないかも。

そう「罪」は禁断のスパイスよね~

だから逆にいくらBL作でも出てくるキャラ
右見ても左見てもホモばかりのは
萎えるから苦手です私。
「罪」と「禁忌」どこイった的なw

2014/09/03 (Wed) 17:18 | EDIT | REPLY |   

kaopetit  

今朝先っちょだけ読んで
一日気になってw
さっき読み終わりました。
面白かった~

なんか言葉にするには
ズバっと書けないけど
面白かった。

後輩くんのセリフで
目を瞑っていれば
手繰り寄せられると思っているのか
と先輩に説教(?)しつつも
そうなりたいとのジレンマ絶妙。

>作家の技量と
>センスだよね。

間にちょいちょいと挟まる
短編が面白いし
せとなさん
上手い。

『俎上の鯉は二度跳ねる』
で、タイトル回収w

他の作品も読んでみ隊~


>ポチに至るぺっちの衝動元
単純にAmazonランキングに沿って
レビューが高くマケプレ1円
この3ポインツが重なると基本ポチ。
雑誌で面白い作家さんがいれば
試しポチ。
ってな感じかな?
私は画でダメってのが少ないから
とりあえず読んでみます。

あ…
今のところ苦手な作家さん@作画は
イマイチ子さんと
まさおさんと
ジュンさん

です。
↑あぁーっ!w

2014/09/03 (Wed) 22:43 | EDIT | REPLY |   

佐倉@高野政宗廃人  

これ、タイトル違うから別作品だと思ってました

以前
「窮鼠はチーズの夢を見る」だけ読んでまして

>数々の女に
>落とされ捨てられ
>漂流し続けた挙句、
>粘着質な押しかけゲイに
>ハメられるハメになった
>生涯ノンケでヘテロな男の
>とっても可哀相な
>半生のお話です

ヾ(T∇T)ノ彡☆
ヾ(T∇T)ノ彡☆

そうw そのとおりw

でも可哀想っていうより
後輩も元カノも
なんでこんな優柔不断な男がそんなに好きなんだ~??
と思ってました


そして、今回
「俎上の鯉は二度跳ねる」を読んだのですが
泣けた~(T_T)

これは、両方読まないと
良さがわからないですね

まちがいなく名作ですわ~

2014/09/04 (Thu) 11:43 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>ぺっち

ああ~~(爆)

上2名は同感だけどw
私、真山ジュンさんのマンガは好きよ。
画は確かに苦手系だけど
話は面白い。

...あ、名は伏せるべき?w

2014/09/07 (Sun) 22:34 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>佐倉さん

読んだ人誰もが
いちどはツっこむよね~

「どこがいいのよそんな男!」 ←デスヨネ~(爆)

つかあとがきだかで
作者がイってた気がするけど
まさにその「どうしようもない相手にハマってしまう恋愛」
がテーマだそうなので仕方ない?w

2014/09/07 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   

彩香  

>ヨネダ作品を
>読んだときと同じ
>衝撃と感慨と
>余韻があります。
ありありでした!

>持って生まれた
>セクシャリティーを
>覆すことって

>そんな簡単なことじゃないんだ。

本当に簡単じゃないんですね。
今まで読んだ作品の中でも一番痛切に感じました。
後輩くんの涙にもらい泣き(;_;)

>ハッピーエンドでも
>バッドエンドでも
>ないの。
どういう意味かすごく分かりました。
うんうん。

画は大好きとは言えないけど
内容がよすぎて忘れてしまうくらいww
ホント芸術の域でした♪

2014/09/11 (Thu) 02:44 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>彩香さん

私の表現は正しかった?(笑)

ちなみに私は
今でも↑の表紙はどうかと思うけどw
画はすっかり慣れたとイうか
今では好きです(笑)

2014/09/16 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment